アコム 学生

MENU

アコムで学生が借りる場合に注意したいことは二つ

アコムで学生が借りる場合に注意したいことは

  • 学生は学生でも20歳以上である事
  • アルバイトなどで安定収入があること

この二つです。学生であっても高校生は申し込みはできません。18歳以上の大学生・専門学校生であれば自身の一存ではアコムに申込めませんが、親の承諾書があれば申込めます。(アルバイトで安定収入がもちろん必要)

 

アルバイトでの安定収入とはスポット的な短期バイトではないことです。例えば

 

 

  • 週4回居酒屋のアルバイトで21:000〜25:00までシフトに入っている
  • 週2回家庭教師のアルバイトに入っている

などですね。逆に

 

 

  • 年賀状の仕分けのアルバイトに入った
  • 試験監督のアルバイトに入った

などの短期アルバイトはダメです。アコムも返済が長引いた時に継続収入があるかどうかをしっかり審査しますので、なるべく長くそれなりの収入を得ている方が審査には有利になってきます。

学生でも安定収入で申込可能なアコム

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

20歳以上でアルバイトで安定収入があれば申込めるアコムは学生の味方です。最大30日金利ゼロサービス(35日毎返済選択時に利用可能)を使えば少し借りてすぐ完済すれば利息がゼロになる事もあります。
学生のすぐに借りたいという要望も平日14:00までに契約完了で手持ちの口座に即日振込可能ですし、それ以外の曜日・時間でも全国に約1,109台あるむじんくんで最短即日カード発行が可能で、併設しているアコムのATMでその場で借入が可能です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

学生がアコムでお金を借りる場合にはその後の返済に注意

学生がアコムを即日融資で利用して返済に掛かる場合、とにかく気をつけたいのは返済に遅れないようにすることです。これはある意味言うまでもないことかもしれませんが、学生というものはアルバイトをしているとしてもそれほど多くのお金を持っているものではありません。

 

しかし、アコムではアルバイトで安定した収入を得ており、他からの借入がなければほぼ問題なく融資を受けることができます。アコムの紹介をしているインターネットのページなどでは、

 

 

『10万円借りて次の月に全額返済する場合は利息はこれだけでOK』


などと表現している場合もありますが、学生の立場で10万円借りて翌月全額返済することはほぼ不可能です。そのため、現実問題としてアコムでお金を借りた場合はすぐに全額返済することはできない、と考えておきましょう。

アコムの返済早見表

学生の場合アルバイトで稼げる金額は多くても月10万円程だと思います。そうなってくると年収は120万円で、アコムは消費者金融ですので総量規制により年収の三分の一、つまり40万円までしか貸せないわけです。40万円となると金利は最高金利の18.0%が適用されますので、返済早見表も18.0%の適用のものを参照しなければなりません。

 

またもちろん最大30日金利ゼロサービスは利用したいでしょうから、18.0%の適用金利で35日毎返済のものを参照します。

18.0%の適用金利で35日毎返済のアコムの返済早見表
借入金額返済期間返済回数各回返済額返済総額
10万円1年以内10回11,000円109,710円
2年以内20回6,000円118,930円
3年以内25回5,000円123,709円
4年以内33回4,000円131,987円
5年以内51回3,000円150,105円
20万円1年以内10回22,000円219,425円
2年以内20回12,000円237,869円
3年以内29回9,000円254,432円
4年以内40回7,000円277,945円
5年以内51回6,000円300,256円
30万円1年以内10回33,000円329,141円
2年以内20回18,000円356,809円
3年以内30回13,000円385,927円
4年以内38回11,000円408,970円
5年以内51回9,000円450,401円
40万円1年以内10回44,000円438,856円
2年以内20回24,000円475,748円
3年以内31回17,000円517,659円
4年以内40回14,000円555,929円
5年以内51回12,000円600,544円

そうなると当然ながら返済方法としては毎月少しずつ返済を進めていくことになります。普段からお金が少ない学生ですから、アコムで融資を受けた分などはおそらくすぐに使ってしまうでしょう。

 

なにしろアコムでは申し込んだその日のうちに10万円程度であればすぐに融資を受けることができるわけですから、ある意味「労せずして10万円手に入れた」のと同じ感覚になるのも無理はありません。

 

しかし、アコムで借りたお金というものは必ず返済をしなければなりませんので、毎月少しずつでも返していく必要があります。上記表のように10万円借りて3,000円ずつ返済していくとなると5年ほど掛かります。

 

ここで冒頭の「返済に遅れないようにする」ということですが、もしもアコムの返済に遅れるとなるとその情報は個人信用情報機関に登録されることとなり、将来就職してローンを組む場合などに思わぬ影響を及ぼすことにつながります。

 

学生時代というものは数年で終わりますが、一度登録された情報というものは10年ほどは残り続けますので、こうした返済の遅れがその後の人生に大きく響いてくるといった可能性もあります。アコムでお金を借りることは学生でも手軽にできますが、返済というものを決して軽くみないことが大切です。

アコムの金利もしっかり把握しておく

アコムでは消費者金融では珍しく、各契約極度額別の金利目安表を提示しています。

各契約極度額別の金利目安表
契約極度額貸付利率(実質年率)
501万円〜800万円3.0%〜4.7%
301万円〜500万円4.7%〜7.7%
100万円〜300万円7.7%〜15.0%
1万円〜99万円7.7%〜18.0%

大雑把であはありますが、学生では間違いなく年18.0%の最高金利が適用されます。10万円程の小額ではそれ程大きな利息にはなりませんが、前述の通り簡単にお金が手に入る感覚になってしまいがちなので、借入残高が増えないよう注意しなくてはいけません。

学生がアコムなどのカードローンを使用する際の注意点

学生の皆さんでも、急にお金が必要になるときにカードローンを使用したいと感じることも多いはずです。実際に学生がカードローンを使用するときにどのような障害があるのでしょうか?

 

 

学生だといくらくらい借りれるのかなぁ・・・


まず、覚えておきたい点として学生の場合は社会人と比べて収入が少ない場合が多いので、カードローン会社の審査に通りにくかったり、

 

 

通ったとしても限度額が少ない場合が多い


という点です。もちろん学生の本業は学業で仕事ではありませんから、この点は致し方ないと言えるでしょう。どんな学生がカードローンを使用することが出来るかというと、それは基本的に言って

 

 

20歳以上でアルバイトをしている人です。


民法では未成年者との契約が認められていません。ですから18〜19歳などの大学生はカードローン会社から融資を受けることは難しいでしょう。しかし例外があります。それは、親の同意を得ると言う事です。

学生が親バレしないカードローンの利用方法

その際はキャッシングを受ける人が18歳以上で親が連帯保証人になるという形になります。しかし、学生の方でカードローンを使用する人は、出来れば親に知られたくないと考えている方が多いです。

 

 

親には知られたくないんだけどなぁ・・・


では親の同意を得なくてよい20歳以上の学生の融資の場合は親には、ばれないのでしょうか?答えは、

 

 

返済が滞らなければ、ばれないです。


融資を受ける時に親の連絡先などを伝える必要がありますが、その時にすぐに親に連絡がいくわけではありません。しかし、返済の期日が遅れてしまって連絡が取れない時などには親に連絡がいくことがあります。

 

それで、親にカードローンを使用していることがどうしてもばれたくないという人は、絶対に毎月の期日までに返済をするようにしましょう。では学校にはばれてしまうのでしょうか?

学生が借入する場合の連絡先の重要性

もし、学校にばれてしまって、それが学校の記録に残ってしまうのでしたら、リスクが高いと思われることでしょう。しかし、基本的に言ってカード会社から学校に連絡がいくと言う事はありません。それは契約の時も、もし返済が滞った時もです。

 

なぜなら、どの学校に在籍しているにしろ、そこによって収入を得ているわけではないからです。しかし、もし、契約の時に自分の勤務先、住所、親の連絡先に間違いがあり、カード会社が当人と連絡を取れない時には学校に連絡がいくこともあり得ます。

 

しかしこのようなケースはまれであると言えるでしょう。では学生がカードローンを利用するときにはどのような準備が必要でしょうか?

 

 

必要書類としては

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 公共料金などの領収書

です。この領収書は現住所に住んでいるかどうかを確認するために用いられます。学生ローンとうたっているものの場合はそのほかに

 

 

学生証明書が必要になってきます。


アルバイトの年収証明書が必要になるかはそれぞれのカードローン会社によって異なってきますが、学生に融資される額は50万円以下ですから、年収証明書が必要なことはほとんどないでしょう。しかしアルバイト先に本当に勤務しているかが審査対象になりますので、

 

 

アルバイト先の電話連絡による在席確認が必要になります。


これらの事を踏まえて学生ローンを利用しましょう。

学生がアコムに申込む前に知っておきたい奨学金について

学生なら親に頼るでもなく授業料の支払にアコムを利用しようと考える事もあるかと思います。その前に奨学金について知っておく事も大切です。まず奨学金には

 

 

  • 給付型
  • 貸与型

の2種類があります。給付型は返済する必要がない奨学金で、進学先の大学などが直接この制度を実施している場合や、色々な公益財団法人や一般社団法人などの公的な団体が高校や大学を通して募集していたり、直接募集している場合があります。

給付型奨学金

給付の条件は各学校や団体によって様々で、例えば早稲田大学では、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県以外の国内の高校出身者を対象に、入学試験時に同時にこの奨学金を申し込むと、その成績や家庭の収入などによって審査が行われ、年間40万円の給付を最大4年間受けられる制度があります。

 

各団体が実施している給付型の奨学金で多く見られるのは、指定の国公立高校から指定の大学や大学院に進学した場合に給付が受けられる制度です。

 

経済的に恵まれない学生に対して高校進学の為に用意されているものもあります。これらは月数万円程度の給付のことが多いですが、返済する必要がないので受けられる場合はすすんで利用するべきだと言えます。

貸与型奨学金

貸与型の奨学金は公的な団体や一部の民間の団体で実施しており、その条件は様々ですが、一番多く利用されているのは日本学生支援機構の奨学金制度です。この日本学生支援機構の貸与型奨学金には、

 

 

  • 無利子の第一種
  • 有利子の第二種

があります。どちらも定員が決められており、第一種は第二種より学力や家庭の経済状況などの条件が厳しくなっています。第二種では金利が発生し、

 

 

  • 利率固定方式
  • 利率見直し方式

の2種類から選択することができます。どちらを選択しても、最大でも年利3%以内になります。在学中はこの金利は免除されるので、貸与が終了した次の月から発生し、返済は卒業後半年を経過してから始まります。

 

3月に卒業をして貸与が終了した場合、10月から返済を行うことになり金利は4月から発生します。返済期間は貸与額に応じて決まり、期間内での返済が難しい場合は期間の延長を申請することができますが、最大でも20年間以内に返済する必要があります。

 

この貸与型の奨学金を受けている最中や返済を行っている間に住所や姓名が変更になった場合や、繰上げ返済や返済期間の延長申請を行いたい場合、奨学金の返済状況を確認したいような場合には、スカラネット・パーソナルというシステムを利用してそれぞれを行います。

 

このシステムはPCからネットを通して利用できます。各種の奨学金の申請の際には理由書を提出する必要があります。ここには家庭の経済状況や進学に対する意気込みを記載しますが、家庭に借金があるような場合でも、隠すことなくそのまま記載してください。

 

 

一人暮らしの場合は仕送りが少ないなどの理由でも大丈夫です。


なるべく具体的に記載して、いかに奨学金が必要かをアピールしてください。

学生のアコム借入体験談

アコムの借り入れで生活を持ち直した

 

早急に現金が必要な状況でした。しかし勤続年数がネックになって銀行の多目的ローンなどは審査漏れしてしまいます。そんな時、カードローンなら審査に通りやすいと友人から聞いたので、アコムでカードローンを作りました。アコムを選んだ理由は消費者金融のなかでも最大手なので経営体制がしっかりしていそうで信用できるからです。

 

ネットで借り入れのシュミレーションが行えます。返済額なども一目瞭然で解るようになっているので、気がついたら借金が膨らんでいたなんて心配も無いですし計画的な利用ができそうだと感じました。

 

また他社と比べて最低金利が低めの設定なのも自分の中で高評価でした。申し込みはネットからできます。これは三分もあれば終わりますので急いでいる私にはありがたかったです。心配していた審査も無事に通過し、その日のうちに早急に現金を手にする事ができました。

 

即日審査の場合、借り入れが完了してから書類のやりとりやカードの発行が行われるのでとにかく早く現金が欲しい人には、ムダの無い対応が実に嬉しかったです。アコムのカードローンは使い道は自由ですし、カードの発行手数料も年会費も必要ありませんから継続したお付き合いをしたい人にもぴったりです。


ちょっと怖いけど初めてアコムを利用してみました

 

以前からカードローンには興味があったのですが、金利が高いといったイメージがあったり、借りるのに手間がかかるのではないかといった不安があったりして利用してきませんでした。

 

ただ、つい最近になってアコムが金利ゼロキャンペーン(現在では恒久サービスになっています)をしているのを知って、有名な会社だし金利がゼロなら安心だと思って無人契約機に行って審査をしてもらうことにしました。

 

すると、収入証明書は必要ないし、源泉票も必要なしで、必要なものは免許くらいでした。そしてガイダンスに従って必要事項を入力して、審査を待ちました。するとあっという間にカードが発行されて、隣のATM機でお金を引き出すことができるようになったのです。

 

あまりにも早かったのでビックリしました。その後、お金を20日間ほど借りて給料日に返済。すると本当に金利が無料だったのです。今時ATMですらお金を引き出すのに手数料を取るのに無料というのには感動しました。今ではこのカードローンがあるおかげで生活に安心感が生まれました。


信頼度でアコムを選んでみました

 

私は先日初めてアコムを利用してみました。他のカードローンと比べアコムはとても信頼度が高く、人気のあるカードローンだと思います。周りでも使っている方は多いですし、初めての方でもそうでない方でも満足できるカードローンだと感じました。

 

アコムは申し込みから審査、また望めばキャッシングもネット上だけで完結する事ができます。審査の時間も私の場合には1時間かからないくらいでしたし、ネットでのキャッシングを選んでいたので審査後すぐにキャッシングをする事ができました。

 

必要なものも本人確認書類と収入証明書だけでしたから、かなり手軽だと思いました。アコムは利子も良心的ですし、返済方法もリボ払いで無理なく返済する事ができています。

 

色々なカードローンがあり迷いましたが、最終的にはこのアコムが一番使い勝手が良く、良いカードローンだと私は思っています。なのでもしも今どのカードローンにしようか迷っているという方は、アコムを利用した体験者がおすすめしますよ^^